朝活に朝ヨガしませんか?!【毎朝10分で出来る朝ヨガの効果とオススメポーズ6選】

日常に活かすヨガ

 こんにちは。ヨガインストラクターのmiwaです。朝活をしようと考えている方、何をしたらいいのか迷っている方、朝活にヨガをしませんか?

 私自身も続けている「朝活=朝ヨガ」ですが、身体にはもちろん心にもとても良い効果を感じられたので、是非お勧めしたいと思います。

スポンサーリンク

毎朝10分で実感!うれしい朝ヨガの効果とは?

スッキリと目覚めさせる自律神経調整効果

 「朝が弱い」「いつまでもぼーっとしてしまう」という時は、体の自律神経が大きく関わっている場合があります。眠っている時に優位になる副交感神経が、切り替わらずそのままになっている可能性があります。朝のヨガで、深い呼吸を行い、しっかりと体を動かすことで、交感神経を徐々に優位にするのを助け、身体も心もすっきりと目覚めさせることが出来ます

 私自身、寝起き直後はぼーっとしていても、朝ヨガが終わる頃には体が軽くなったような感覚があり、気持ちもすっきりして前向きに今日も1日頑張ろうと思えます。

自律神経についての関連記事はこちら

便秘解消・むくみ解消などのデトックス効果

 朝ヨガで体を動かすと、同時に内臓も刺激され働きが良くなります。腸は1日の中で朝が一番排泄によい時間とされています。その時間に胃腸を刺激することでデトックス効果が高まり、体の中の不要なものを外に出す働きの助けとなります。デトックス効果を高めたい人は、朝ヨガで捻るポーズを行うとさらに効果がアップします。

ダイエット効果

 朝ヨガにはダイエット効果もあります。正直「朝ヨガだけで体重がどんどん落ちる」ということは難しいかもしれません。しかし、痩せやすい体を作る「痩せ体質になる」という効果があります。それは、朝ヨガをすることで、深い呼吸を意識し、内臓を刺激し働きが良くなることで「基礎代謝」を上げることが出来るためです。基礎代謝とは、何もしなくても体が勝手に消費してくれるカロリー消費量のことで、これが高い人ほど痩せやすい体質といえます。

体調のセルフチェック

 朝ヨガを続けることで、今日の自分の状態を確かめることが出来ます。毎日同じようなポーズを行ううちに、今日は少し疲れているな、とか少し右肩が回しづらいなとか、逆に今日は何だか調子が良いな、何だかやる気があるなとか、身体と心の状態に早めに気づくことが出来ます。特にヨガは内観する力を養うことが出来るため、毎日のセルフチェックによって早めに自分自身をケアすることにもつながります。

心身ともに健康に

 朝ヨガをすることは、少しの時間で身体や心を目覚めさせることが出来るので、その後の仕事や家事などもはかどります。やるべきことに効率的に時間を使えるので、自由に使える時間も増え、結果的に時間的な余裕にもつながります。

 また、朝、身体を動かし太陽の光を浴びることで、幸せを感じることのできる脳内伝達物質のセロトニンの分泌を促すことが期待できます。時間的余裕だけでなく、精神的な余裕にも繋がっているので、心も体も健康的でいられます。

セロトニンについての関連記事はこちら

「幸せ脳」を作って素敵な毎日を!【ていねいな生活】

毎朝10分!朝ヨガにオススメのヨガポーズ3つと効果

私がオススメする朝ヨガにぴったりのポーズはトップ3はこちらです。3ポーズで10分で出来ます。毎朝10分なら続けやすいですよね!

●座位のねじり

 【効果】

 しっかりの背骨を伸ばして捻ることで、眠っていた内臓を目覚めさせ、便秘解消にも効果があります。このポーズでは実際に内臓が動く音がする時もあります。

●門のポーズ

【効果】
 眠っている間に固まってしまった腰や肩を緩めることが出来ます。また普段の生活で体側を伸ばす動きというのは実はほとんどありません。朝ヨガで伸ばすことにより気持ちよさを実感できます。

●ダウンドック

【効果】

 逆転のポーズで一気に頭に血液を送ることで、目が覚めます。また背骨や足裏全身を気持ちよく伸ばすことで、全身が目覚めます。慣れてきたら太陽礼拝を数回行うのもおススメです。(4回で所要時間約10分)太陽礼拝は、呼吸と共に全身を使いながら動くので目覚めたい朝にはぴったりです。

太陽礼拝についての関連記事はこちら

毎朝10分!寝たままできる朝ヨガのポーズ3つと効果

 「朝からそんなに動きたくない」「朝ヨガはちょっとハードルの高い」と感じる方には、こちらのベッドの中でできる「寝たまま朝ヨガ」がおすすめです。ベッドの中で10分、起きる前にやればきっとご自身が思っているより気持ちよく起きられると思います。
寝たままできるポーズを3つご紹介します。

●ワニのポーズ

【効果】

 眠っていて固まってしまった腰を緩めたり、体側をしっかりと伸ばすことが出来ます。また、捻ることで内臓を目覚めさせ便秘解消の効果が期待できます。

●魚のポーズ

 寝ている間に固まった背骨や肩回りを柔らかくすることが出来ます。肩凝りにも効果あります。胸を開くことで、深い呼吸をすることが出来るので、身体を目覚めさせていくことが出来ます。

ガス抜きのポーズ

こちらも眠っていた間に固まった背中や肩回り、お尻周りを緩める効果があります。自分自身を抱きしめるような気持ちで優しく包みましょう。首回りに不安があるときは頭はベットから挙げなくてもOKです。

継続が大切!朝ヨガを続ける秘訣とは?

 朝ヨガの効果を一番実感する方法はズバリ「続けること」です!とは言え、実際には毎朝早く起きるのは簡単な事ではないですよね。私なりの続ける秘訣をご紹介します。

継続の秘訣①まずは布団の中から始める

 まずはハードルを低く設定することです。最初から1時間みっちり朝ヨガするぞ!と決めても、続けられる人はほんの一部だと思います。まずはご紹介した「寝たままOK5分のヨガ」からスタートしてみて下さい。それが3日間続けられた!1週間続けられた!そんな自分を褒めてあげてくださいね。そんな成功体験の積み重ねが、だんだんと続けられる力になりますよ!

継続の秘訣②オンラインヨガを予約する

 今は、オンラインヨガで朝06:00位からレッスンを受けることが出来ます。好きなインストラクターのレッスン予約を事前に完了してしまう!なんて言うのもおススメです。一人では難しくても、ヨガ仲間やお気に入りのインストラクターと一緒にヨガをするなど、仲間の力を借りるのも朝ヨガを継続できる秘訣です。
 実は、オンラインヨガと朝ヨガはとても相性がいいですよ!

早朝05:30から受けられるオンラインヨガはこちら

継続の秘訣③無理はしない

 そして最後は鉄則の「無理をしない」事です。どうしても疲れていて起きられない時や体調の良くない時もあります。そんな時は休む選択をすることも大切です。無理せず、楽しむ気持ちを持つことが長く続ける秘訣です。

是非朝活でヨガを初めて見ませんか?

この記事の関連記事

朝活のメリットと続けるための秘訣とは?【朝の時間を有効に使って人生を変えよう】
◎「朝ヨガ」×「オンラインヨガ」が継続の秘訣!【朝ヨガが継続できる理由と早朝参加が可能なオンラインヨガ4選】
人気の太陽礼拝をしよう【効果とやり方】
ヨガで自律神経を整えよう【忙しい人こそヨガしよう】
◎「幸せ脳」を作って素敵な毎日を!【ていねいな生活】

コメント

タイトルとURLをコピーしました