スポンサーリンク

【ホットヨガって危険?】リスクを知って安全にヨガしよう

Yoga

 こんにちは。ヨガインストラクターのmiwaです。

 最近はCMの効果や店舗数が増えて通いやすいこともあり、ホットヨガがとても人気ですね。ホットヨガは、ダイエットやデトックス効果など魅力も沢山あるのですが、高温多湿の中でヨガを行うため、少し注意が必要な場合があります。

 ホットヨガ経験者の中にも、何だか体調が悪くなった気がする人や、身体を痛めてしまったという人もいるかもしれません。せっかくヨガをして心や体を健康にしたいと思っているのに、逆効果になってしまっては意味がありません。是非注意点やリスクを正しく理解をして、ヨガの効果を実感していただきたいと思います。

 ちなみ私は「ホットヨガが身体に悪い」と伝えたいのではなく、リスクを正しく理解し正しい対策や注意を行うことで、本来のホットヨガの効果をしっかりと実感していただきたいと思っています。

スポンサーリンク

正しく理解しよう!ホットヨガのリスクと注意点

 リスクを正しく理解すれば、しっかりと対策や対応が取れます。まずはどんなリスクがあるのか正しく理解しましょう。

気温差により体調不良のリスク

 ホットヨガは38~40℃・湿度も55~65%と高温多湿の中で行われるヨガです。普段の生活でそのような環境になることはほとんどありません。その為、特に冬場の寒い時期には、寒い場所から暑い場所へと、急激な温度の変化に身体が対応できなくなる場合があります。寒い→暑い→寒い・・・を繰り返すことで、自律神経が乱れてしまう事があります。

【自律神経の役割】

自律神経とは交感神経と副交感神経を調整しながら、循環器、消化器、呼吸器などの活動を24時間体制で調整している神経の事です。
 その役割の一つに、発汗作用により、外気温の変化に応じて体の体温を一定に保つようにする体温調節機能があります。

 呼吸発汗血管胃腸
交感神経が優位早い・浅い促進収縮抑制
副交感神経が優位遅い・深い抑制拡張促進

 短期間(時間)に寒くなったり暑くなったりを何度も繰り返すことで、身体に負担がかかり自律神経が乱れてしまう原因となってしまうことがあり、その結果、肩こりや冷え性・食欲不振などを引き起こす場合があるのです。

 (季節の変わり目、特に1日の寒暖差が激しい秋から冬にかけて起こる場合もあります。)

身体を痛めるリスク

 ホットヨガでは、通常より体が暖められている為、筋肉も緩みやすく柔軟性も上がるメリットがあるのですが、逆にそのメリットが「やりすぎ」を誘発させてしまうのです。いつもより筋肉が柔らかくなっているので、ついつい頑張りすぎてしまって、身体を痛めてしまう可能性があるのです。

熱中症・脱水症状のリスク

  普段日本にいて38~40℃・湿度も55~65%になることはほとんどありません。私の住む名古屋では最近は真夏に40℃を超えたことがあるので、最近はそうとも言い切れませんが、ニュース速報になるほどの出来事です。 そんな時はニュースなどでも「熱中症に気を付けましょう」とさかんに言われます。
 ホットヨガでは、そんな高温多湿の状態の中でさらにヨガを行うのです。水分補給が適切に行えないと、脱水症状を起こしたり熱中症になる可能性があります。

ホットヨガを安全に行うために気を付けたい事

ホットヨガ4つの注意点
  • こまめな水分補給
  • 通いすぎない
  • 身体を冷やさない
  • 快適で安定したポーズを行う

✔こまめな水分補給

 レッスン中もインストラクターより何度も注意があると思いますが、とても重要です。一般出来に「喉が渇いた」と身体が感じてからでは少し遅いと言われています。喉が渇く前に、こまめに水分を取りましょう。また、レッスン中だけでなく、レッスン後も大量の汗をかくことで身体の水分量が減ってしまわないように水分補給をしましょう

✔通いすぎない

 1か月通い放題のフリーパスを購入したからと言って毎日のように通ったり、1日朝・夜2回通うという努力家さん、何事もやりすぎは良くないと言われるのと同様、ヨガもやりすぎは注意が必要です。ホットヨガで身体に何度も何度も寒暖差を感じさせることにより、自律神経の乱れを助長する可能性があります。

✔身体を冷やさない

 急激に温度が変化しないように工夫しましょう。

【レッスン前

 冬場などレッスン前に身体が冷えている場合には、早めにスタジオに行って身体を馴らしたり、柔軟などをして体を暖めるように心がけましょう。

【レッスン中】

 速乾性のヨガウェアを着ましょう。大量の汗でウェアがべたべたに濡れてこともあります。

【レッスン後】

 シャワーを浴びて汗を流したり、しっかり汗を拭きましょう。汗は蒸発する際に身体の体温を奪って身体を冷やしてしまいます。

✔快適で安定したポーズを行う

  ホットヨガでは、室温によって筋肉が緩み動きやすい状態 となり、柔軟性を高めるためのメリットとも言えますが、ついつい頑張りすぎて逆に体を痛めてしまう場合があるので、注意が必要です。ヨガは「快適で安定したもの」であるとヨガスートラにも書かれていますが、ポーズの形を追いすぎず、ご自身の心地いいヨガをするように心がけましょう。

その他にも、心臓疾患や高血圧などの持病のある人は始める前に医師の判断を仰ぐようにしましょう。

楽しいホットヨガライフを送ろう

 ホットヨガはリスクを正しく理解して、自分に合っているかどうかを見極めれば、ダイエット効果・デトックス効果・むくみ解消効果など、得られるメリットもたくさんあります。

 ヨガを始められる人にとって、楽しく快適なヨガライフ送ることが出来るようにと強く願っています。下記ホットヨガと常温ヨガの記事も参考にしていただき、ご自身に合ったヨガをして、心も身体も健康になりましょう!

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ヨガを始めるならこちら!

常温ヨガを提供するヨガスタジオ。
通常のヨガレッスンはもちろんのこと、インストラクター養成講座も受講できます!

ダイエットで有名なあの「RIZAP」がヨガで始めました。食事カウンセリングとヨガの両方から身体にアプローチできます。

ホットヨガのカルドは事前予約不要・料金もお値打ちと初心者には始めやすいです。

今やホットヨガと言えばLAVAを思い浮かべるほど各地にあります。店舗ごとを行き来できたりして通いやすい!

コメント

  1. ゆき より:

    miwaさん、こんばんは😃

    自分は最初、ホットヨガに行った時真冬で汗が引かないで外に出たら風邪を引いてしまいました。

    汗をガッツリかけるから良いのですが自分の経験から代謝の良い人は水分補給に特に気を付けないといけないと思いました。

    後レッスン終わったら塩分補給もした方が良いと思いました😊

    知識を知った上で楽しくレッスンすれば事故も起こらないと思います。

    またブログ楽しみにしてます😊

    • miwamiwa より:

      ゆきさん、こんにちは!

      なるほど!水分補給に合わせて塩分補給も大切ですね!ありがとうございます☺️

      リスクを知っていれば対策ができますもんね!ホットヨガを安心して安全にしていただきたいです。

      ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました