スポンサーリンク

あなたはどっち派?ホットヨガと常温ヨガの違い

Yoga

こんにちは。ヨガインストラクターのmiwaです。

 最近は、CMの効果もあって「ヨガ=ホットヨガ」というイメージがとても強いなと感じています。しかし、古代から伝えられているヨガは常温で行われており、実際にホットヨガが人気になってきたのは本当にここ数年だと思います。同じヨガでも、ホットと常温では違いがありますし、目的や体質によって合う合わないもあるかもしれません。
 どちらを選んだらいいのかわからない方、今回はその違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

ホットヨガと常温ヨガの違い

 一言でいえば、常温でヨガをするのか、高温多湿の状態でヨガを行うのかの違いですが、通っている人の目的や期待できる効果などかなり違いがあります。

 温度湿度目的効果
ホットヨガ38~40℃55~65%ダイエット・デトックスダイエットなど身体的な効果が高い
常温ヨガ25~30℃
(エアコン調整)
操作なし(冬季に加湿器利用の場合有)瞑想・内観力・リラックス瞑想・考え方など精神的な効果が高い

ホットヨガをオススメするのはこんな人

ヨガで運動効果を期待するならホットヨガ
  • ダイエットしたい
  • 汗をかいてデトックス効果や美肌効果を実感したい
  • 体を柔らかくしたい

ヨガで痩せたい人・ダイエットが目的でヨガをするひと

 「ヨガで痩せた~」っていう方はたくさんいらっしゃいます。そのほとんどの方はホットヨガに通っている人が多いような気がします。実際にヨガの消費カロリーはそれほど多くはありません。しかしホットヨガは、高温多湿の中で動くので、やはりカロリーの消費は常温ヨガに比べて大きく、大量の汗をかきながらヨガを行うので、ヨガでダイエットしたい方にはお勧めです。

汗をかいてデトックス効果・美肌効果を実感したい人

 ホットヨガは、室温と湿度がコントロールされているので、普段汗をかきにくい人でも、かなり汗をかくことが出来ます。汗をかくことで、身体に溜まった老廃物や不要な水分を排出することで、デトックス効果やむくみ解消の効果も期待できます。さらに、適度な湿度は肌の水分量を高めたり、汗で必要な皮脂量を保つことが出来るので、美肌効果もあるそうです。

私の友人にもいるのですが、最近は夏の暑い日でも運動をしても、ほとんど汗をかかない体質の人が増えています。クーラーなどで日常的に汗をかく習慣がなくなると、汗腺が詰まり汗をかきにくい体質となってしまうそうです。普段からホットヨガで汗をかく習慣をつけておくと、汗腺のつまりも解消され、夏の暑い時など体が必要な時に汗をかくことが出来るようになり、夏バテ防止の効果もあります。

ヨガで身体を柔らかくしたい人

 筋肉は、体が温まっていた方が柔軟性が高くなります。よく柔軟運動やストレッチは入浴後の方が効果が高いと言われますが同じ理由からです。ホットヨガのような暖められた部屋でヨガをすると、体が温まり、身体の柔軟性も普段より高くなることがあります。

常温ヨガをオススメするのはこんな人

ヨガで精神的な効果を期待するなら常温ヨガ
  • 内観力をつけたい
  • 瞑想に興味がある
  • 穏やかな心でリラックスしたい

内観力をつけたい

 私が感じるヨガの魅力の一つにこの「内観力」があります。ヨガでアサナ(ポーズ)を取ることで、自分の身体をボディースキャンして今の状態や感覚などを感じていく練習ができます。毎日同じアーサナをすると、自分は同じようにとっているつもりでも、少し感覚が違っていたり、本当に小さな痛みがあったり、逆に心地よい感じに気が付くことが出来たりします。

 このように「気が付く力=内観力」は、普段の生活にも活かすことが出来、自分の体調の変化や気持ちの変化に敏感になり、早めに対処できるようになります。 

瞑想に興味がある

 ヨガの最終目的は「瞑想」と言われています。一般的には「ヨガ=ポーズを取ること」と認識されていることが多いのですが、昔から伝えられているヨガでは、ポーズを取ること(=アーサナ)は、最終目的である瞑想に至る段階のひとつと考えられています。そんな古典的なヨガを学んでみたいと考えている方、ヨガを通して瞑想を学びたい、やってみたいと考えている方は常温ヨガをお勧めします。

穏やかな心でリラックスしたい

 ホットヨガではどちらかというと、ダイエットやデトックスなど身体的な効果を目的にするのに対し、常温ヨガでは「内観力」や「瞑想」など、精神的な効果を目的として行われることも多いです。パワー系の動くレッスンの中でも、ポーズを取りながら今の身体と心の状態を観察する練習が出来、最後のシャバーサナの時には心の穏やかさや静けさを得られることが出来ます。

 また、ホットヨガのような高温多湿の状況は意外と体にも負担がかかることが多いのですが、常温ヨガでは過ごしやすい湿度室温に保たれていることから、陰ヨガやアロマヨガなど体をリラックスさせる事を目的としたレッスンが多いのも特徴です。

【その他】ホットヨガ・常温ヨガの違い

 ホットヨガ常温ヨガ 
メイクノーメイクメイクOKホットヨガではメイクをしていても汗でほとんど落ちてしまうので、ノーメイクの方がほとんどです。
ヨガウェア速乾性のある服装動きやすい服装ホットヨガでは速乾性がないとウェアが重くなって動きにくくなってしまいます。
道具ヨガマットブロック・ボスルターなど利用する場合もあり常温ヨガではボルスターなどの補助道具を利用できます。
レッスン後シャワー必要ほとんど不要ホットヨガの場合はシャワー必須かも。常温ヨガの場合はそのまま帰る人もいます

自分に合ったヨガを選ぼう

 ホットヨガと常温ヨガ、それぞれ違った目的や効果があります。

 「百聞は一見に如かず」体験も無料から~1000円位で行っているスタジオや、手ぶらOKのスタジオもあるので気になったら是非行ってみましょう!

ホットヨガ

ワンコイン500円でホットヨガが体験可能です。
通いやすい駅前や駐車場のある商業施設に全国展開されています。
女性限定です。

体験レッスンはなんと無料!
店舗数がとても多いので、きっとご自宅の近くにもあるはずです。女性専用店舗と男女共有店舗があります。男性の方も是非どうぞ。

常温ヨガ

 なんと温度設定が3つ選べる!(22℃・27.2℃・40℃)スタジオです。ヨガだけでなくピラティスやトレーニングも行っています。男女OKです。

常温ヨガのスタジオで、本格的にヨガを習いたいならお勧めです。ヨガの種類も初心者向けやリラックス・陰ヨガのクラスからバレトン・ヨガ棒など珍しいクラスまでとても豊富に受けられます。男女OKです。

 個人的な感想ですが、私の周りでは最初の目的がダイエットや体を動かしたいという目的からホットヨガを最初のスタートとして始める人が多いように感じます。ホットヨガを続けていくうちにアーサナだけではないヨガの効果や魅力にハマった人が、常温ヨガへと移行しているような印象があります。身体的な変化を感じると、精神的な変化にも敏感になって興味がわいてくるのかなと感じています。

 一番大切なことは、ご自身の目的や好み、そして生活スタイルに合ったヨガをすることです。是非ご参考にしてください。

コメント

  1. ゆき より:

    miwaさん。おはようございます😃

    自分はどちらかと言うと常温派です。

    ダイエット目的ではなく心のバランスを保つ目的でヨガをやっています😊

    ヨガで汗をかきたい気持ちになった時はホットヨガにたまに行きます。

    賛否両論なのでmiwaさんの言う事に賛成します。

    どちらも行ってみて自分にあった方をやれば良いと思います。

    またブログ楽しみにしてます😊

    • miwamiwa より:

      ゆきさん。こんにちは!
      ゆきさんが常温派はとても納得です。
      ヨガ哲学も日常生活に活かそうとされてますよね♪

      ゆきさんはいろいろなヨガに積極的に参加されていて、それぞれのいいところを吸収されている感じが伝わってきます。
      お互い、ヨガライフ楽しみましょうね~

      いつもありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました