ヨガと禁煙Ⅱ【禁煙1年達成して思うこと】

Yoga
スポンサーリンク

こんにちは。miwaです。
私が禁煙を初めてちょうど1年が経ちました。今は全く吸いたい気持ちにもならなくなっています。これはもう「禁煙成功」と言ってもいいでしょうか?? おめでとう!私!(笑)
改めてこの1年を振り替えってみます。

禁煙してよかったこと

●タバコによる不調が無しに!
実はタバコを吸っていたときは、喉がイガイガしたり、咳が出たり、多少そんな不調を感じていました。吸っているときは、あまり気にしていなかったのですが、辞めた今だからこそ、あれは不調だったんだなと感じます。

●お財布に優しいタバコ代、正直結構かかっていました。私は大体3日で2箱位吸っていたので1ヶ月約10000円 でした。
そして、ほとんどの場合コンビニなどでタバコを買っていましたが、そのついでにコーヒーやお菓子なども一緒に購入していたので、実際にはこれ以上に使っていたと思います。タバコがないとコンビニに寄る用事はほとんどなくなりました。以前は毎日必ずお財布を開けていましたが1日中お財布を開かないこともあります。

と言うことは、この1年で

たばこ代約120,000円+α位は節約

出来ていることになります。
新しいヨガマットと素敵なヨガウェア買っちゃおうかなー(笑)

●体重が少し増えたよく禁煙すると体重が増えるといいますが、私は約1.5キロ増えました。これはよかったことに含めるのか迷いましたが(笑)。ただ、ニコチンには元々脂肪を溜めにくくする作用があるようで、禁煙によってこの作用がなくなったことによって、自分の元々の体重に戻るそうです。確かに私は痩せ形ですが、このニコチンの作用によって体重が増えることができなかったと考えると、とても不健康です。そういう意味では、本来の健康な身体に近づいたことになるので、良かったことに入れました。

●時間が増えた
喫煙しているときって、何かと何かの間に「ちょっと一息」的にタバコを吸っていた気がします。
1回は5分に満たない時間かもしれませんが、それが何回もとなると多くの時間を費やしていたように思います。

私の場合は1日15本として・・・5分×15本=75分 つまり 1時間15分  年間約456時間
1日ひと箱吸う人は・・・・・・ 5分×20本=100分    1時間40分  年間約608時間

このように計算するとちょっと怖い数字が出てきます。
正直、実感として時間が増えたとは思いませんが、こんなに時間があれば何か新しいことができる!と今の私は感じます。ただ、「ちょっと一息」はとても大切な時間ということも感じていますので、100%よかったことには入らないです。。

●髪や服にタバコの匂いがつかない
これは本当に実感します。女性の方は気になる方も多いのではないでしょうか?特に衣類の洗濯の時やクリーニングに衣類を持ち込んだときです。私が持ち込んだ袋の中から、すごいタバコの匂いがしていました。家ではあまり感じなかったので、恐らく家自体もたばこの匂いがしていたんでしょうね。。
またバスタイムの時、自分の髪にも匂いが付いていました。
今はやはりそれが少なくなっていると思います。(ただ家では主人が喫煙者の為多少においますが。。)

気になるようになったこと

●喫煙仲間と喫煙所でお話することが激減
これまでは、所謂「タバコミュニケーション」という、ただ喫煙所で毎日のように顔を合わせるからお話するようになった方とは、その機会がなくなってしまいました。世間話からちょっとしたプチ情報まで、比較的「タバコミュニケーション」から得ていた情報は多かったように思います。
このことについては少し残念に思います。。
今後は積極的に挨拶からコミュニケーションを図っていこうと思っています。

●他の人のタバコの匂い
大変自分勝手なお話ですが、やっぱり吸わなくなると気になるようになるんですね。(笑)
私の場合は特に主人が家で吸うタバコなんですが。。これが残念な方に入るのかは少しわかりませんが、見ていなくても「さっき吸った」ってわかるようになりました。

1年振り返って、禁煙の大きなメリットは
・健康的になること
・お金がたまること
・時間も増えること

メリット、デメリットを比較するとやはりメリットの方が大きい気がします。

home-office-336377_1280

私が行った禁煙のコツとススメ

●決戦の3日間
振り返ってみると、以前にもお話しましたが、最初の3日が勝負です。
この3日間は、意識して我慢をしなければいけません。

「3日→1週間→10日→1ヶ月」位が目安ですが、1週間タバコから離れることが出来れば、ほぼ勝利が見えています。最初の3日間頑張ったこと、辞めたいって思っていたこと、この2点を思い出せば、大きな努力なくその後の10日間から1ヶ月は過ごせるかと思います。

●自分のルーティーンを把握する
タバコを吸っている人は、吸うルーティンがあると思います。
私の場合は、朝起きた時、食事の後、この仕事とこの仕事の合間には必ず(例えば会議が終わったら)というタイミングが毎日の生活の中でほぼ決まっていました。
恐らく誰しも持っていると思います。

1週間くらいは、大体そのタイミングが来ると吸いたくなりました。
そこで、「何をするか」を事前に考えておくといいかもしれません。

私の場合、会社では喫煙所に移動しないと吸うことはできなかったので、とりあえず自分のデスクに留まるようにしていました。また、自分にたくさんのタスクを課して「今のこの仕事に集中」と休憩する暇を自分に与えないようにしていました。(めっちゃストイック(笑))恐らく仕事仲間は、なんか一人だけめっちゃ忙しそうだな・・って思っていたと推測します。

また、私の場合は家にいるときは、ちょうどその時に出来るようになりたいなと思っていた「シルシアーサナ=3点倒立」のポーズをやって、そちらに集中していました。逆転のポーズなので、特に一度やるとかなり集中力が必要なのでよかったのかもしれません。

3日間位それを行えば吸いたい気持ちも徐々に薄くなっていくので、最初の3日間くらいを乗り越えられる自分に合った「何か」を、是非事前に準備してください。吸いたくなったらこれをしよう!と決めておけば、その一瞬吸いたくなった気持ちは過去のものへと変化したように思います。

関連記事:ヨガと禁煙

ヨガと禁煙

私にとっては、ヨガの存在が禁煙を始めるきっかけにもなりましたし、禁煙中もやはり助けとなってくれました。よく、ヨガをすると禁煙できるのですか?って聞かれたりするんですが、ヨガをしただけで禁煙できるわけではないかと思います。(当たり前ですが)
ただ、ヨガを通して、自分自身を見つめる内観力や、物事の捉え方や考え方の変化したこと、そして特に呼吸の仕方や大切さを実感したことで、禁煙への一歩を踏み出すことが出来たと思っています。

少し押しつけがましい文章になってしまいましたが、もし今禁煙したいと考えている方にとって少しでもお助けになればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

yoga-3967979_1280

コメント

タイトルとURLをコピーしました