ヨガと呼吸の素敵な関係

Yoga
スポンサーリンク

こんばんは。miwaです。

ヨガと呼吸はワンセットです。アーサナは全て呼吸と共に行います。
呼吸に集中できた後のレッスンは、終わった後の身体と心が、ヨガをする前とは全く変わってきます。
ヨガするときになんでこんなに呼吸を大切にするの?呼吸によって、なんでこんなに終わった後の心地よさが違うの?

呼吸と身体

人間は、生きるために必要なこと、例えば心臓が動く、血液が流れる、息をするなどは、普段意識をしなくても身体が勝手に行ってくれています。逆に、自分の身体であっても、早く心臓を動かしてみようとか、足先まで血液を流そうなど、自分の意思でコントロールすることが出来ません。

この身体の機能の状態は、自分自身の心の状態と大きく関係しています。
よく、大きなストレスを感じたり、緊張したりすると、ドキドキしたり(心臓の動きが早くなる)、胃がギューっとなったり(必要以上に胃液が出る)しませんか?私も感じたことがあります。呼吸も緊張すると、知らない間に浅くなったり、早くなったりします。全て意識することなく、身体が勝手に反応しています。
ですが、呼吸だけは自分でコントロールすることができます。意識的に、呼吸を深くゆっくりと変化させることが出来るのです。それにより、緊張していた身体をリラックスする方向に向かわせることが出来るのです。

ヨガと呼吸

ヨガは、普段、無意識のうちに行っている呼吸を、アーサナをしながら、意識的に行います。その時間を通して、身体をよりリラックスさせ、より静かで、本来の自分自身へ戻っていくことが出来るのです。
これが最初に感じた、呼吸への集中の度合いによって、ヨガを終わった後の心地よさに違いが出るという疑問の答えだと思います。

私は、集中できたレッスンの後には、頭の中がレッスン前より静かになって、自分自身を、よりクリアな状態に感じることが出来ます。

呼吸のコントロール

この呼吸の効果を知ってから、私も、忙しくて自分自身がザワザワするとき、嫌なことでイライラした時などには、出来るだけ【ゆったりとした呼吸】を意識するようにしています。
ザワザワしたり、イライラしたりしている心をコントロール出来るよう、まずは呼吸をコントロールしてみるのです。そうすると、徐々に心が落ち着きを取り戻して行くのがわかります。残念ながら、今のところ、イライラ、ザワザワの心に、私がコントロールされてしまう時もありますが。。まず、そんな気持ちの変化に気がついたら、ゆったりとした呼吸を心がけています。

ダウンロード

コメント

タイトルとURLをコピーしました