プラーナとともに。

Yoga
スポンサーリンク

こんにちは。miwaです。
先日ヨガのレッスンで、「プラーナを意識してポーズを取る」という練習をしました。
プラーナ=気の流れ
筋肉だけではなく、呼吸やプラーナの力を借りてポーズをとると、よりポーズが深まり、時には出来ないポーズも出来ることもあるそうです。
私は割りとどんなことに対しても

  • どうしたら出来るのか【過程】
  • どうなったらよいのか【証拠】
  • その後どうなっていくのか【結果】

を求めてしまいます。
プラーナに関しても、目に見えないけど、これであってるのか?どうなったら、それがプラーナだとわかるのか、とかモヤモヤしていました。
最近では、シャバーサナの時にもそれまでのような満足感や解放感を味わうことができなくなってしまいました。

どうしても気になって、レッスンの後先生にお話をしてみました。

「頭で考えすぎず、一旦プラーナ探しをやめて、気持ちいいと感じるところを探してみたらどうかな?miwaさんは、きっともうずっと前からプラーナの存在を知っていたと思うよ。」

あぁ!そうだ。確かに私は、知っていました。
頭の上から呼吸がぶわーっと抜けていく煙のような空気や、首回しをした時に、回し終わった少し後から、ふわりと同じように回りながら付いて来る暖かい空気。

今感じることをそのまま信じればいいのに、結局私は自分を信頼できていなかったんだなと実感しました。

woman-570883_1280

そう気付いた翌日、家での朝ヨガがとても気持ちのいいものになりました。体も心も軽くなって、シャバーサナの時間を全身で味わうことができました。
あぁ、これでよかったんだと納得!先生、やっぱり素敵すぎます。感謝の気持ちでいっぱいです。

で、本屋に行ったら、この奇跡。

_20190129_235600

今月のヨギーニの特集がなんと【プラーナ】でした。
もちろん即購入しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました