アトピーと乾燥肌のスキンケア【ていねいな暮らし】

Health
スポンサーリンク

こんにちは。miwaです。
私、とにかくひどい乾燥肌で、しかも子供の頃からアトピー持ち。冬になると、身体中ガサガサ、痒くもなります。
去年も、顔の皮膚ががさがさに粉を吹いたようになってしまって本当に悩みました。肌の調子が悪いと、気分まで落ち込んで、外出もしたくない、引きこもりたいって思ってしまいます。現実には仕事もあるし、仕事柄、ノーメイクとかマスクとかで対応も出来ないので本当に辛かったです。
スキンケアって言うと、何だか、色々なクリームを塗ったり、美容液を塗ったり、、どうしてもプラス方向で考えてしまいます。

私も寝る前のスキンケアを考えてみるとなんと7ステップでした。


メイク落とし→洗顔→美容液→ホワイトニング→化粧水→乳液→乾燥がひどいときはクリーム


実際書き出してみると我ながらすごい大量です。
これを朝もメイク落としは不要ですが、あとは全て行っています。これが終わってから、やっとメークに入っているのでとても大変です。
でも今年は少し自分との向き合い方を変えて、実はちょっとだけ肌の調子が良くなりました。見た目だけでも、去年のように粉を吹くこともないですし、実際に肌に触れてもわりとしっとりめです。実際7ステップが必要なのか少し疑問に思うようにさえなりました。(まだ無くす勇気はありませんが)‌

化粧水の使い方を変えてみた

何を買えたのか?実は変えたことはただひとつ「化粧水の使い方」です。化粧水を変えたのではなくて、「使い方」です。

240_F_182221375_vdqbSTs2JpNZbD4O8M5Ag8wT9NZya4gM

今までは、ただ化粧水を義務的につけていただけでした。今は、自分の手でいろいろと確かめながら化粧水を利用しています。顔がちゃんと「化粧水、もう足りてます。満足です」って言ってるなと感じれるまでつけることにしました。
ヨガで言う「内観」です。
驚くことにこれだけで朝起きたときの肌が全く異なりました。以前よりしっとりと落ち着いているのです。
最初はびっくりするほどの勢いで化粧水がなくなりましたが、今はそれも落ち着いてきました。最初の頃は、肌が慢性的な水分不足だったのが今は少し改善されたのかなと前向きに思っています。
ただつけるという行為だけでなく、本当に足りているのかな?もう充分かな?って肌と会話しながらつけていく。
自分との会話ってこんなに大切だったのかと気づきました。

自分を大切にするということ

そのような事はいつもの日常生活の中を振り返ると色々とあります。
あ!ちょっと唇乾燥してきたかも、あ!ちょっと喉乾いてきたかも、あ!ちょっと目が疲れているかも、あ!ちょっと肩が固まってきたかも、、など小さなことですが沢山あります。

この「ちょっと」の段階で気が付いてあげる、そして、早めに対処してあげる。
とても小さなことですが、小さいことだから、なかなか気がつきにくいし、放置してしまう。気がついたときには、病院に頼らなくてはいけないほど、ひどくなってしまいます。
他の誰にも気が付くことが出来ない、自分だけが気づいてあげられること思います。

自分を大切にするって、このような小さなことの積み重ねだと改めて感じました。
最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました