マタニティーヨガの嬉しい効果!妊婦さんの口コミも紹介|妊娠中はいつからヨガ出来る?注意点も解説

日常に活かすヨガ

【この記事がおすすめな人はこんな人】

・マタニティーヨガはどんな効果があるの?
・マタニティーヨガはいつから出来る?臨月でもヨガ出来る?
・妊娠中のヨガで気を付けることは?

 今は、多くの産院でもマタニティーヨガのクラスが開かれていて、妊婦さんにとってマタニティーヨガは身近な存在になりました!

 今回は、マタニティーヨガの効果を紹介します。そして、なぜヨガが妊婦さんにおススメなの?そんな理由と、妊娠中のヨガの注意点もわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

マタニティーヨガの効果~心と体がみるみる整う~

マタニティーヨガの効果~心と体がみるみる整う~

マタニティーヨガとは?

 マタニティーヨガとは、妊娠中でも行うことが出来るようにアレンジされたヨガのことです。お腹を圧迫するようなポーズや片足立ちになるような不安定なポーズを避け、妊婦さんが安心して受けられるプログラムが組まれています。妊娠中に良く起こる不調に効果のあるポーズや、出産時や産後に必要な筋力を鍛えるポーズなどをバランスよく取り入れているので、そんな症状にお悩みの妊婦さんにおススメです。またマタニティーヨガには、身体を整えるだけでなく、リラックスやストレス解消など心を整える目的もあります。

 多くの産院や産婦人科が、院内でマタニティーヨガ教室を開いたり、紹介したりしていますよ!

マタニティーヨガの効果

マタニティーヨガの効果

 妊娠中は、妊娠前と違い身体の不調や、心の不安定さを感じやすいものです。マタニティーヨガには、そんな妊婦さんの身体の調子を整えるだけでなく心も安定させ、妊婦さんの悩みを軽減する嬉しい効果が沢山ありますよ。

 また、マタニティーヨガには産前だけでなく、出産時や産後の身体と心を整える効果もあります。

マタニティーヨガの効果
  • 便秘・腰痛・肩凝り・こむらがえり・むくみ等、妊娠中の不快な症状を改善
  • リラックス効果
  • ストレス軽減効果
  • 出産時の呼吸法の習得
  • 体重管理
  • 出産時と産後の筋力・体力を養う

こんなうれしい効果があるのなら、多くの産院や産婦人科でマタニティーヨガ教室が開かれているのも納得できますね。 具体的に見ていきましょう!

妊娠中の不快な症状の改善

 妊娠中は、便秘や腰痛、肩こり、こむら返り、むくみなど、身体の不調が起きやすいと言われています。これはホルモンの変化や血行不良、骨盤のゆがみが原因として挙げられます。マタニティーヨガには特に骨盤にフォーカスした動きも多く、内臓を刺激することで内臓の働きも良くなります。血流もアップし、このような妊娠中の不快な症状の改善に効果があります。

リラックス効果

 マタニティーヨガに限らず、ヨガは深い呼吸に合わせて動くことが特徴です。呼吸を深くゆったりとすることでリラックス効果を得られます。また、お母さんがリラックスすると、お腹の中の赤ちゃんもそのリラックス効果が伝わると言われていますよ。

ストレス軽減効果

 妊娠中のホルモンバランスの乱れや、生活習慣が変わることでストレスも感じやすいですよね。マタニティーヨガで適度に身体を動かすことで、運動後のすっきり感や爽快感を味わう事ができます。

出産時の呼吸法の習得

 特に初産の方は、陣痛の際の痛みや不安から呼吸が浅くなったり、息を止めてしまうことが多くあります。深くゆったりした呼吸とともに動くマタニティーヨガで呼吸法を学ぶことが、出産時の呼吸に役立ちます。呼吸に意識を向けることで、身体の緊張がほぐれお産がスムーズになると言われています。

体重管理

 体重管理は、妊婦さんにとって大きな悩みの種。定期健診の度に体重を気にするママさんは多いですよね。妊娠中はどうしても外出がおっくうになり運動不足になりがちです。マタニティーヨガをして、運動不足を解消し体重管理にも役立てていきましょう。

出産時と産後の筋力&体力を養う

 マタニティーヨガは、出産に必要な筋肉(骨盤底筋群など)を効果的に鍛えるプログラムが組まれていることが特徴です。またヨガは有酸素運動なので、続けることで自然と筋力や体力が養われていきます。出産時はもちろん、産後の回復や育児に必要な体力をつけることが出来ます。産後の尿漏れなどの症状も改善が期待できます。マタニティーヨガならゆっくりと無理なく始められるので、今まで運動をしてこなかった運動が苦手な人にもお勧めですよ。

産前にマタニティーヨガを受けた人の声

実際にマタニティーヨガを受けたママさんたちの口コミを見ると、嬉しい効果が沢山報告されていますよ。特に便秘が解消された!という声が多くありました。

マタニティーヨガはいつから出来る?いつまで出来る?

マタニティーヨガはいつから出来る?いつまで出来る?

 妊婦さんにうれしい効果が沢山あるマタニティーヨガですが、妊娠がわかったらすぐに出来るものではありません。。マタニティーヨガを始めるタイミングは、安定期に入る妊娠16週目以降がよいとされています。定期健診の際に医師に相談し、OKが出てから始めていきましょう!
 また、マタニティーヨガをいつまで続けてもいいのか、臨月まで続けていいのか不安に思う方も多いと思いますが、基本的には出産直前まで可能です。

◎マタニティーヨガはいつから出来る?
 →妊娠16週目以降安定期に入ってから
◎マタニティーヨガはいつまで出来る?
 →出産食前まで可能

担当医と相談しながら進めていきましょう。

マタニティーヨガはどこで出来る?

 マタニティーヨガは、産院やヨガスタジオ、オンラインヨガを利用してレッスンを受けることが出来ます。

通っている産院・産婦人科

 マタニティーヨガに興味もったら、まずは通っている産院、産婦人科に問い合わせてみましょう。院内で教室を開いている病院もあります。ヨガインストラクターの他に担当医がそばにいるので、何かあった時も安心してヨガを始められます。
 ただし、月に数回などレッスンの数が少なく予定が合わないことや、現在はコロナウィルスの影響で教室自体を中止にしていることも多いです。

マタニティーヨガを産院・産婦人科で行うメリット・デメリット

メリット
  • 専門医が近くにいるので、緊急時も安心できる
  • スタジオより料金が安い
  • 出産時期が同じママ友ができやすい
デメリット
  • レッスン本数が少なく予定が合わせにくい
  • 定員が少ない場合がある

マタニティーヨガのレッスンがあるスタジオ

マタニティーヨガのレッスンがあるスタジオ

 マタニティーヨガのレッスン、または妊婦さん参加OKのレッスンがあるヨガスタジオも多くあります。妊婦さんだけが参加できるレッスンと、一般のレッスンに妊婦さんが参加できるレッスンの2種類があります。スタジオのレッスンの場合は、マタニティーヨガの資格を持つインストラクターが、実際のポーズを見て確認しながら進めていくので安心できます。
 産院などの教室よりレッスン数が多いので予定に合わせて通えます。

マタニティーヨガをヨガスタジオで行うメリット・デメリット

メリット
  • レッスン数が多く参加しやすい
  • インストラクターから対面で直接指導が受けられるので、ヨガ初心者でも安心して受けられる
  • 出産時期が同じママ友ができやすい
デメリット
  • スタジオまで通う必要がある
  • 料金が高い

マタニティーヨガの出来るヨガスタジオ

 マタニティーヨガの出来るヨガスタジオをご紹介します。

マタニティーヨガの出来るヨガスタジオ
  • スタジオヨギー
    全国14ヵ所に常温ヨガのスタジオを展開しています。マタニティーだけでなく、産後ヨガクラスもあり、出産後には赤ちゃんと一緒に受けることも可能です。
  • zen place
    ヨガスタジオ・ピラティススタジオを全国展開しています。妊娠中でも全クラス参加可能です。また、マシンを使ったピラティスや、対面でのマンツーマンレッスンも可能なので安心です。
  • ホットヨガスタジオLAVA
    LAVAでマタニティーヨガを受講できるスタジオは東京の「銀座グラッセ店」「荻窪店」2か所と、大阪の「梅田店」の全国に3ヵ所のみです。
  • YMCメディカルスクール
    ヨガインストラクター養成コースのあるヨガスタジオ。マタニティー専用クラスはありませんが、一部のクラスが妊娠中でも参加可能。マンスリー会員になれば、全国のYMCスタジオとオンラインヨガが受け放題でお得です。

一部のヨガスタジオは感染症予防の為、マタニティヨガの実施を見合わせている場合もあります。詳細は各スタジオに確認してください。

オンラインヨガなら自宅でマタニティーヨガが出来る

オンラインヨガなら自宅でマタニティーヨガが出来る

 オンラインヨガでもマタニティーヨガのレッスンがあります。オンラインヨガを利用するメリットは、スマホやパソコンがあれば自宅で出来る点です。通う必要がないので時短にもなりますし、荷物などの準備も不要です。(ノーメイク・パジャマでもOK)上のお子様がいらっしゃっても安心してマタニティーヨガを受けることが出来ます。

マタニティーヨガをオンラインで行うメリット・デメリット

メリット
  • 自宅で出来るので時短にもなり、準備も不要・隙間時間が有効活用できる
  • 兄弟のお子様が居ても自宅で出来る為安心
  • レッスン数が多い
  • 料金が安く続けやすい
デメリット
  • 自分一人で行う為、何かあった時も自分で対応する必要がある
  • 画面上でのやり取りの為わかりにくい点も…。

マタニティーヨガをオンラインで行う際は、動画レッスンよりライブレッスンを強くお勧めします。動画レッスンは、間違ったやり方をしていても気が付かず、効果が出なかったり、最悪の場合怪我につながることもあります。
 特にヨガ初心者の方は、マンツーマンでレッスンが出来るパーソナルオンラインヨガのサービスもあるので合わせて検討してみてくださいね!

マタニティーヨガの出来るオンラインヨガ|オススメは3つ!妊娠中のオンラインヨガのメリットと注意点

マタニティーヨガの出来るオンラインヨガ

 マタニティーヨガの出来るオンラインヨガサービスでオススメは下記3つです。

マタニティーヨガのできるオンラインヨガサービス
  • YOGATIVE(ヨガティブ)
    マンツーマンでヨガが出来るパーソナルオンラインヨガです。マタニティーヨガのレッスンが出来るインストラクターが多数在籍していて安心です。
  • mamaトレ
    妊娠中・または産後のママのヨガやフィットネスを専門にするオンラインサービスです。
  • SOELU(ソエル)
    オンラインヨガ業界の最大手のサービス。マタニティーヨガ・産後ヨガ・親子ヨガなど、ライブ型のグループレッスンが多数あります。また、妊娠中でも一部の一般ヨガクラスに参加も可能です(条件あり)。赤ちゃん泣いたら割などママに優しいサービスも充実しています。

マタニティーヨガを行う際の注意点

マタニティーヨガを行う際の注意点

 マタニティーヨガにはたくさんの効果があり、妊娠中の生活をより快適にしてくれます。ただし、妊娠中はいつもの身体とは違います。マタニティーヨガに参加する際は、以下の事に注意してください。

  • 担当医に必ず許可を取る
  • 家族の了承を得る
  • 滑りにくくするためヨガマットを使用する(特に自宅でヨガする際は必須)
  • 食後1~2時間程度は避ける
  • 体調がすぐれない・お腹が張る時は無理をせず中止する
  • 身体を締め付けないゆったりとした服装で行う

【まとめ】マタニティーヨガの効果

 今回は、マタニティーヨガの効果と始める時期、注意点についてご紹介しました。マタニティーヨガには、妊娠中の身体と心を整える効果があり、より快適なマタニティーライフを送ることが出来ます。また、妊娠中のママだけでなく、赤ちゃんにも良い影響を与えてくれることもわかりました。

マタニティーヨガの効果
  • 便秘・腰痛・肩凝り・こむらがえり・むくみ等、妊娠中の不快な症状を改善
  • リラックス効果
  • ストレス軽減効果
  • 出産時の呼吸法の習得
  • 体重管理
  • 出産時と産後の筋力・体力を養う

 ストレスや妊娠中の不快な症状にお悩みの妊婦さんは、マタニティーヨガを始めてみてはいかがですか?

マタニティーヨガのできるオンラインヨガサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました